嗚呼、ラムシャンティ

皆様 こんばんは(‘◇’)ゞburuです。

昨日の駄洒落は如何でしたか(ノ∀`)
(ええって)

 
今日は同僚2人と
久々の店にカレーを食べに行こう
ということで

歩いて5分のその店へ。

 
そのカレー屋には
インド人シェフが2人いて

注文を取りに来るのも
インド人ぽいお姉さん。

片言の日本語で
辛さを聞かれるので

辛いの大好きっ子の私は
いつも5段階中で
最も辛いのを注文するのですが

一度も辛かった試しがなくw

あのお姉さん
実は客に聞いてるフリしてるだけで

厨房には何も伝えてないのでは
って感じだったのですが

今日行ってみたら

そのお姉さんはおらず。

代わりに初めて見る
日本人のお姉さんが。

てか

いつもは横向きになってる
4人掛けテーブルが2つとも
縦に並んでいて

ちょっと模様替えをしたのかな
と思ったら

厨房にいつもいた
2人のインド人シェフが

2人ともアメリカ人になってる(゚д゚)!

 
 
いや、アメリカ人かどうかは
知りませんけどねw

 
でも、メニューは前と大差なく

ラッシーが

普通のラッシーの他に
マンゴーラッシーが増えてて

お!

と思ったら

カレーの種類もいくつか
増えてて

そこで初めて
もしや?!と気付いて

メニューを裏返してみたら

店名が変わってました(´-`)
(オセーヨ)

 
内装はそのままに
居抜きでね〆(.. )

 
最近までの1か月は
ずっと客先勤務だったので
知りませんでしたが

その間にオープンしていた
とのことでした。

オーナーらしきインド人がきて

『カレーの辛さは如何ですか?』

『ナンのお代わりは宜しいですか?』

と言って

何度も何度も水を注いでくれたし

帰りは客より先にドアの外に出て

ありがとうございました
と言ってお辞儀してるし

とても日本人のことを
研究してるというか

日本で商売する基本を
勉強してきたといいますか

好感が持てました(´_ゝ`)



一方、間抜けだったのは

唯一日本人のお姉さん。

レジ打つのを
客1人毎に失敗していて

そんなんも出来へんのかい!
と突っ込みたかった(‘Д’)

 
特にインド人は
地方によっては
小学生の頃に99×99までを
暗記するということなので

まあ、レジ打ちとは関係ないけど
同じ日本人として
小っ恥ずかしい感じがしました(´-`)

 
 
てことで

寝るまでの間

10月におそらく新機種が出るのに

我慢できなくて
現行のiPadを買うことになるだろう
自分を何とか抑える為に

仕様に無理やり
ケチつけてきますε=ε=┏( ・_・)┛
(で、結局買うハメに)



応援クリックおながいします(*´д`*)

にほんブログ村 パチンコブログへ

 

コメントを残す