首が取れてまして(ノ∀`)

お、別冊パチスロパニック7が
DVD付きで出てる(・∀・)4ジカン

買って行こう。

店員:『こちらの本とお弁当類は
    袋をお分けした方が宜しいですか?』

buru:『いえ、全部一緒で良いですよ』

店員:『あ~、でも、こちらの本
    DVDが付いてますので
    やっぱり分けときますね』

 

何のこっちゃ、、OTL

 

てことで

こにちは(‘◇’)ゞburuです。

昨日、久々に11時間ちょいスロったら
首が取れてしまいましてね。

アロンアルファでくっつけて
乾くのを待ってたら
そのまま寝てしまいました。

 

はい、すいませんm(_ _)m

 

差枚は+約5000枚でした( ̄(工) ̄)

とはいえ
4/17まで勾留されてましたからね

支払いが大変、、OTL

パチは一向に無理だし( ̄。 ̄)y-~~

 

てことで
保釈金の話ですけどね

その前に『こうりゅう』の
漢字を間違えてましたφ(・・)

『拘留』ではなく『勾留』でした。

同じ読みでも意味が違ってました。

詳しくは下記より。

『拘留』
http://raku.in/v2zvybr

『勾留』
http://raku.in/fmxbpkh

 

私は『勾留』の方です。

これまでの記事も修正しておこう〆(.. )

 

さて

万が一、起訴された場合は

そこから判決が出るまでの約2ヵ月を
外(『シャバ』とか言いたくないw)
で過ごせるように

保釈の申請をして貰おうと
弁護士さんに予めお願いしまして。

ただ、保釈金はいくらくらい
掛かるものなのかと尋ねると

一般人の場合は
150万円~200万円の間
とのことで

ヤクザとかだと3~400万円くらい
が相場とのことでした。

因みに、検事との面談があった日に
待合室で一緒になった
別の勾留者と話をしたのですが

彼は組の構成員だったのか

『うちの組長は保釈金10億やったで!』

と((((゜д゜;))))

『それってさすがに無理ですよね?』
と聞いたら

『いや、払ったで!』

と(-;_-;;;)

カネ持ってはるわ、、OTL

 

で、オカンに保釈の話をしておこうと。

起訴されてからの説明では
200万円をすぐには用意できないだろうし。

で、説明したのですが

両親の貯金が丁度200万円しかなくて
それを使ったら生活ができなくなる
と言って困ってました。

そりゃそうですよね。

私は、おそらくは
こういう時の為の機関があるに違いない
と思ってたので弁護士さんに相談すると

やはりありました。

一般社団法人『日本保釈支援協会』です。
⇒ http://www.hosyaku.gr.jp/

但し、弁護士さん曰く
人の弱みにつけこんだ商売だし
利子も高いのでオススメしないとのこと。

 

とはいえ、私は出たい(σ・∀・)σ

 

後で調べてみたら

年利15%だし
約2ヵ月で判決が出るので

仮に200万円丸ごと借りても
税込54000円の利子で済むのです。
(協会のHPでも2ヵ月表示です)

それを嫌って
2ヵ月間勾留されるくらいなら
マクドナルドで働いた方がマシです。

で、オカンには
そういう機関があるし
保釈金は全額返還されるし
利子は私が払うからと伝え

起訴された際に即行で動けるように
準備しておいてくれと言ったのですが

憔悴しきっていたオカンは
何度も説明してるのに
話の半分も理解できてない様子で

次に来た時に
準備が出来たか確認したら
協会に相談もしてませんでした。

こりゃ不味いと思った私は
何度も繰り返し説明したのですが

『お母さん、気が滅入ってしまって
 どうしたらいいのか分からへんねん』

などと言うので

『それやったら、次回は親父を呼んでくれ!
 大事なことやねんこれ!』

と。

実はオトーサンエルは
1番最初の面会の時に
オカンと2人で警察署まで来てたのですが

面会室に入ったのはオカンだけでした。

なぜなのかオカンに聞くと

実はオトーサンエルの配送バイトの配送先の一つが
この警察署だったのです(ノ∀`)

毎日、弁当を配達してるとのこと。

面会時に同席した警察官の方は

『今のは聞かなかったことにします!
 誰にも言いませんので安心して下さい』

と言ってくれたのですが

一方で、取り調べの時の刑事さんが

『今日、君の両親が面会に来られたのに
 お父さんは君に会わなかったそうやね?
 それは何でなん?何かあるの?』

と。

私はどうしたものかと思ってたら

『まあ、君には黙秘権があるので
 言いたくないことは
 言わんでもええねんけどね』

と。

まったく、刑事って奴ぁね( ̄。 ̄)y-~~

で、要らぬ詮索をされる前に
説明したら

『そうなんや、でも
 何社かに注文してるハズやから
 誰かは分からんけどね』

と。

そんな訳で、面会はずっと
オカンだけが来てたんですけど

保釈金の話は大事だからと
オカンに何度も言ったら

次回にオトーサンエルも来てくれました。

一応、弁護士さんからも
オトーサンエルに説明しておいて欲しい
と頼んでおきまして

電話で説明してくれてたようで

面会に来た時点で
オトーサンエルは

『お金の方は何とか準備できた』
と言ってました。

私は何日か前
弁護士さんに

ここを出るのに
一番早い方法は何ですか?
と尋ねたら

それは、刑事の言うことに
『全部その通りで間違いありません』
と答えることだと言われました。

但し、そうすると罰金になるだろうし
その場合、前科者になってしまうけどねと。

今回の私の容疑は
私が自分のブログを使って
元カノを脅迫したということですが

8年も前に別れた女が
まさか私のブログを読んでるとは思わないし

当然のことながら
それを見越して脅してやろうなどと
思って書いた訳でもないので

そんなストーリーなら
いくら早く釈放される為でも
認める訳にはいきません。

私は、今回はなかったですが

前科が付くかどうかなど
全く興味ありませんでした。

前科なんて言うのなら

そんなもんは
パチンカスなんぞやってる時点で

とっくの昔から前科者です。

あ、それだから
バツの悪い思いをするとしても

オカンの再雇用を軽く考えたのかも。

 

おいといて

嬉しかったのは

親父も同じことを思ってくれていて

『保釈金のことは心配するな
 それと、やってもないことを
 認めたらアカンぞ』

と。

『その上で、あとは検事に
 悪い判断をされるなら
 それはもう仕方がない』

と。

全くの同意見でした。

禿同ってやつです。