ピアノマーベル

皆様 こんばんは(‘◇’)ゞburuです。

昨日は先日購入したピアノ音源の
ラインセンスコードが送られてきたので

早速インストールしてましてm(_ _)m

 
でですね

あれこれ揃えたのは
これの為なんです

ピアノマーベルです(´_ゝ`)
⇒ pianomarvel

 
まあ、これを見てください。

世の中、良い時代になったもんです(*´д`*)

 
 
ずっと昔にヴァナヴァナで書いたかもですが

私、小学生の頃
近所に出来たピアノ教室に
弟が通うことになったのですが

その際、親父から
お前も習うか?と言われたものの

男がピアノなんかやるの格好悪い!
と思ってた私は断ったんです。

あれがもう人生で最大の失敗でした。



で、結局は大学を卒業して
一旦は就職したものの

翌年には辞めて
コナミのゲームスクールに入って
サウンドクリエイターを目指した訳です。

当時、ダンスダンスレボリューションというゲームが
ゲーセンで流行ってたのですが

元々、ダンス系が好きな私は
その部署に行きたくて

2年制だったスクールに通う中で

1年半目にあった試験で
運良くその部署にのみ合格してですね

研修生という形で
置いてもらえることになったんです。

DDRの曲を作ってる人や
グラディウスの曲を作ってる人がいる部署です。

楽器の一つもできない私が
半端ない緊張感の日々でした。

結局は社員になれずに
スクールに戻されることになって

その後、半年で卒業というか
期間終了でサヨウナラとなった訳ですが

まあ、貴重な経験でした。

 
で、そのスクールに入った最初の年に
ピアノを習おうと思って

ヤマハだったかカワイだったかの
教室に入ったんですw

24歳の時です。

毎回、小学生とかが順番を待ってる部屋で
完全にオトナの私が横に座ってるというねw

あれは恥ずかしかったΨ(`∇´)Ψ

 
結局、3回くらいでヤメた訳ですがw

今思えば、レッスンの先生は
私より10歳くらい年上でしたが

普段小学生ばかり相手してるババァが
私の時だけ色目を使ってくる感じでしたよw

レッスンは60分くらいなのに
毎度毎度、放っておいたら40分くらい
どうでもいい日常話をしようとしてたのでw

 
で、逆に、この歳になると
大人のピアノって感じで

改めて習いに行っても良いのですが

ピアノマーベルの存在を知ってしまったので
これでやってみようと思って

今回、あれこれ揃えた訳です。

普段はDTMなので
曲を作るのに楽器が弾ける必要はないのですが

弾けたらば、また違ったアプローチで
これまでにはなかった発想も出るでしょうし

何より、プレイヤーにも憧れます(´_ゝ`)

 
勿論、今更、昔の様に
これでご飯を食べたいとかは思ってませんが

 
何しろ、暇だから( ̄。 ̄)y-~~

 
1パチでも、ズルスロでも
ガルズでも人妻でも

とにかく暇だから( ̄。 ̄)y-~~

 
潰してないと
あれをあれしたくなりますんですねw
(ワカルナ?)

 
ということで

レッスンは明日からε=ε=┏( ・_・)┛
(ええって)