事故の内容

皆様 こんばんは(‘◇’)ゞburuです。

いや~、やっぱり私には

揚子江ラーメンは無理だなあ(ノ∀`)ウスイ
(どうでもいい)

 
 
てことで

幅寄せしてきやがったんですよ。

今回の事故。

 
2車線の道路を私は右車線
相手は左車線を走行していて

私はその先にある新御堂筋
という幹線道路に合流する予定だったんですね。

幹線は私の車線のさらに右隣
平行して2車線あるのですが

分離帯があって
少し先に進んだ入口からしか入れません。

ただ、その入口は

私の車線から1台入ったら
幹線の車が1台進むという
交互に譲り合っての進行となるので

入口付近は混むんですよ。

なので、直前はノロノロ運転になるんですね。

それを分かってる人達は
あえて左車線を走行して

順番待ちをしてる右車線の車を
あらかたすっ飛ばして

入口直前でウィンカーを出して
割り込んでくる奴も多いんです。

私もたまにはそうしますw

勿論、無理に幅寄せして入る
なんてことはないですけどね。

 
で、この入口なんですが

その50mくらい手前には
幹線からの出口があって

そこから私が走行してる車線に
出てくる車もあるんです。

一昨日の夜もそうで

今まさに出てこようとしている車を
私は1台入れてあげました。

そしたら

今がチャンス!とばかりに
左からトラックが入ってこようとしてたので

ざけんなよ、と。

 
こういうのは1台ずつの譲り合いだろうが。

 
その車はどんどん幅寄せしてきましたが

私はその車を入れてやるつもりはなく

そのまま直進しました。

 
幅寄せしてくるアホは
大概ギリギリのところで回避して
仕方なく後ろに入って

腹いせにクラクションを鳴らしながら
ハイビームをかましてくるのがセオリーなんですが

その車はそのまま私の車に当たりました。

ベコッ!

と鈍い音がして

あーあ、メンド臭い。

 
でも、その車は

そのまま私の前を走り続け
止まろうとする気配もなかったので

私の方が逆に左車線に出て
その車の横につけ

入口の並びで速度が落ちた
その車の助手席のドアを叩いて
止まらせました。

相手は同い年かやや年下くらいの男で

『え? 当たりました?』
なんてトボけてましたけどね。

 
で、警察を呼ばせて、状況を説明させて

事故処理をしてもらいました。

 
ぶつけられた時は
鈍い音がしてたので

まあ、ボディも変な具合に
曲がってるんだろうなと思いきや

ミラーにかすり傷がついただけでした(ノ∀`)

 
ボディは全然平気

 
ある意味、前回までの車の不具合で
買い替えたりしてなくて良かった

むしろラッキーだったくらいに思いました。

 
で、私の車はそうでしたが

相手のトラックはどうだったかというと

警察もついには
どの部分か分からなかったくらい
何にもなってませんでした。

だから、相手は検分が終わった後に

『いや、でしょ? だから
 分からなかったんですよ。
 ほんまに当たったんかなと思って、、』

『はぁ? ミラーに塗装ついとるやんけ。
 音もベコって鳴ってたやろ。
 信じられんのやったら解析に出すか?』

『いやまあ、それはあれですけど
 けど、こっちの方が先に車線に入ってましたよね?』

『先にって何や? 俺は最初から
 右車線しか走っとらへんがな。
 お前が入ってきただけやろ。
 納得できんのやったら
 とことん調査会社で解析して貰おうや。
 どうやったら先に入ってたお前の車に
 俺の車の助手席のドアミラーだけが当たんのか
 俺も知りたいわ』

『いや、別にそれは、、』

『大体お前、俺が右車線の出口から出てくる車を
 1台入れたったの見てたやろ』

『はい、それは見てました』

『それやったら、何をそこに
 お前まで入ろうとしとんのじゃ
 ええ加減にしとけよ。
 大体お前、俺が追いかけんかったら
 シレっと走り去っとったやろ。
 仮にぶつかったことに
 ほんまに気付いてへんかったとして
 そんな奴が運転しとるのはどないやねん』

 
大体それで言い終えて

最後は『請求して貰ったらいいです』
と言ってましたが

翌日、相手の保険会社とも話して

相手の方には何も被害はない
とのことで

後は私のミラー代について
あまりにも高額だったら

100%の過失は認めない
と言いた気でした。

 
まあ、私は前回の時もそうでしたが

頚椎捻挫しただので
慰謝料など貰う気もないし

電動でもないスイフトのミラーなので
工賃含めても精々2万円もしないんじゃないですかね。

見積もりは日曜日に行ってきますけど。

 
『お前が逃げずに車止めて
 すいませんと言ってたら
 こっちはこんなボロ車のミラーの擦り傷くらい
 こすって許しとったんやんけ』

 
アホやね〆(.. )