にほんブログ村 パチンコブログへ

オカンの手術日でした

皆様 こんばんは(‘◇’)ゞburuです。

今週も飛び飛びでついまてんm(_ _)m

3連続の京都出張の初日から
風邪を引いてしまいまして

今日、オカンの手術で
休みを取ってたのですが

昨日も午前だけ
会社を休みました。

京都出張がなければ
2連休してました( ̄。 ̄)y-~~

 
さて、今日はそのオカンの手術の日で

手術の1時間前に病院に行ってみたら
ナース2人からあれこれ説明を受けたり
準備をしてるところでした。

親父が先に来てましたが

2人ともかなり緊張してる様子でした。

 
まあね、手術そのものの失敗や

手術は成功しても
麻酔が原因で死亡することが
相当低い確率ながら
あるにはある様なので。

ただ、今回のオカンの分に関しては
100%成功すると
ドクターが親父に言ったそうなので

手術については
心配してなかったですし

全身麻酔についても
私自身が経験して
何ともなかったというか
寧ろ楽しいくらいだったので

オカンには何も心配する必要はないよと
言っておきました。

ナースは、手術は3~4時間かかる
と言ってましたが

仮に10時間でも
頑張るのはスタッフだけで
オカンは寝てるだけですからね

な~んも心配ないよと。

局所麻酔で意識がありながら
10時間耐えるとかってのは
厳しいものがありますけどね。

 
てことで

入院中は暇だろうと思って

昨晩に本屋に寄って
何冊か買っておいたのを渡して

私は手術前に帰りました。

 
ただ、手術の終了予定時刻より
随分早くに親父から電話が入った時は
ちょっと焦りましたけどね。

3~4時間と言われていたものの
2時間で終わったらしく

ドクター曰くは
大成功だったそうです。
 
良かった良かった(´_ゝ`)

 
ただ、このドクターさん

『100%成功する』とか
『大成功だった』とか

患者や家族を安心させる為に
大袈裟目に言う人なのかなあ

実際、安心したので
こういうのって大事ですね。

普通はほんのちょっとでも
リスクがあったら

そこに少し盛って
危ない目に伝えるイメージなんですけどね。

成功率80%なら、60%と伝えるとか
余命1年なら、半年と伝えるとか。

 
まあ、でもTVとかで

手術は成功したけど
その後、容体が急変して、、

ってのもあるので

退院して1か月とか経つまでは

手ぶらで安心
って気持ちではないですね(´_ゝ`)

 
てことで

1週間くらいの入院かと思ったら
2週間とのことだったので

ポータブルDVDプレーヤーでも
買っていかないとなと思ってます。

テンションアップにご協力願います(´_ゝ`)

にほんブログ村 パチンコブログへ

Posted by buru