死のコントロール

皆様 こんばんは(‘◇’)ゞburuです。

 
さっき、帰宅途中にメールを確認したら

どこぞの中華が
私のTwitchを乗っ取ろうと(´-`)

欧米人でも大概だけど

中華や韓国人だと腹が立つ。

 
 
まあ、おいといて

今日のお昼に行ったラーメン屋に

こんなのが。

 
ちょっと試してやろうと思ったけど

 
以前、この店の
辛いというラーメンを注文したら

色が赤いだけの完全ガセだったので
⇒ 赤いだけ。

ちょっと迷ったけど

まあ、注文してみることに。

 
店員のオバチャンに
『ほんとに辛いですよ?
 大丈夫ですか?』
と言われたけど

どうせガセでしょ、と。

 

これ。

 
どれどれ、、

 
辛ぁ~((((゜д゜;))))

 
 
今回はちゃんと辛かったのですが

残念なのが

辛いだけで美味しくない(ノ∀`)

 
ラーメンは前回と違って
とんこつラーメンを注文していて

そっちは美味しかっただけに残念。

 
でも、ゆで卵が1個無料なので

また来よう(´-`)
(ええって)

 
 
ところで

最近、同僚が私に

TVか雑誌で見たのか

GWや年末年始の大型連休前になると

医師は患者の死の時期を
休暇前になる様にコントロールしている
と言い出して

それ、スゲー恐ろしい話ですね!
とw

 
でも、ひょっとしたら
コンマ1%くらいの医師で
あるかもと思ったり〆(.. )

 
幸い、我々は電子カルテのメーカー

導入してる病院のデータを解析して

実際にGWや年末年始休暇前に
亡くなった患者について

直近の薬剤の量などを調べたら

傾向があったりして(‘Д’)

 
先日の飲み会で
その話を女医さんにしてみたら

『まあ、昔はそんなことも
 あったかもしれないけど
 今はないでしょw』
と。

 
『いやいやいや!、先生もひょっとしたら
 やってはるかもしれないので
 先生のデータを解析してみますよww』

と言ってみましたけどねw

 
 
まあ、それは冗談だとしても

私が実際に見てきた中で

このタイミングで病院に行ってはいけないな
と思ったのは

閉店時間まであまり無い時。

 
めっさ説明を端折られたり

(時間がかかるので)
点滴の量を減らされたりします。

これガチの話です。

 
 
てことで

部長、テラスハウスの新編が
始まってますε=ε=┏( ・_・)┛